「南方の故郷:花蓮湾生物語1910-1946」展示内容の紹介

13726690_1127240003965463_7731413934253299634_n

この特別企画展は、時間を逆に遡り辿っていける仕組みとなっている。

第一部は、「最後の別れ」。1945年の天皇玉音放送に始まり、各地から日本人が引き上げ帰郷してゆく場面。一生を捧げ努力して作り上げてきたもの全てを手放し、その後、なお、戦後の焼け野原から再度立ち上がることを余儀なくされた時代。

第二部は「南方の故郷」。日本の官主導の移民政策において、なぜ東台湾が選ばれたのか。そして、移民たちの反応はどうだったのか。またどのように天災や伝染病などの問題を克服し、最終的に安心して住める町を建設していったのか。今回、花蓮文化局、吉安小学校、花蓮農業改良場、恵比寿餅店などから、個人所蔵品を含む非常に貴重な文物をお借りして、湾生たちの花蓮港での生活が当時どのようなものであったか、モノを通して窺い知れる仕組みとなっている。

第三部は「両地の想い」。回顧録、書簡の展示、また、湾生が次々とこの地に繰り返し戻ってきては交流をつなげていった、台湾と日本の両国の友好関係が続いてきたことを示す内容である。

最後は、「後につなげる行動」。湾生の観点から覗いた、台湾の地における歴史的過去だけではなく、観覧者自身が、もし過去の歴史に興味があれば、その歴史的地点から、さらに過去の歴史をどのように紐解いてゆけばよいか、歴史的手がかりをどのように辿ってゆくか、といったヒントを、今回特別に、花蓮戸籍管理事務所と共同で提供する企画である。

最後に、「二度と戦争はしない」という想いが、この展示をご覧になっていただいた人全ての心の中に響き、変わらぬ願いになると信じている。

洄瀾人文館:花蓮の色鮮やかな人と文化が織りなす物語の発信基地

旧花蓮憲兵館舎を補修、建て替えて作った洄瀾人文館は、2014年に開館し今に至る。

現在、一階の廊下には昔の古い写真の数々が展示されており、山風海雨常設展ホールおよび憲兵体験館等がある。二階は特別企画展示室となっており、花蓮に関係のあるテーマが不定期で入れ替わり展示される。

三階は繁花空間で、ここでは洄瀾接客ロビーと、各都市とのスペシャリストとの交流のための宿舎が設けられている。

人文、歴史、社会的参与、これらすべてを結んでゆく、総合展示館である。

– –

◤洄瀾人文館企画展◥
「南方の故郷:花蓮湾生物語1910-1946」

場所は洄瀾人文館2F特展室
入館無料

@展示期間:
2016.06.21(二) ~ 11.20(日)

@開館時間:
火曜~金曜 午後13:30-17:00
土日 午前9:00-12:00;午後13:30-17:00
休館日:月曜日、および国定休日。
観光旅行部門、団体ツアー様の観覧で案内が必要な場合は、事前にご連絡下さい。開館時間外も受付可能です。

主催部門:花蓮市公所│花蓮市民代表会
展覧企画:o’rip生活旅人
関連情報については、 花蓮市公所公式サイトwww.hualien.gov.twまたはFacebookをご覧下さい。

@交通情報:
洄瀾人文館
970 花蓮市公正街14號
TEL:03-8310153 # 16

廣告

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com Logo

您的留言將使用 WordPress.com 帳號。 登出 / 變更 )

Twitter picture

您的留言將使用 Twitter 帳號。 登出 / 變更 )

Facebook照片

您的留言將使用 Facebook 帳號。 登出 / 變更 )

Google+ photo

您的留言將使用 Google+ 帳號。 登出 / 變更 )

連結到 %s